安心してまわりに頼れる
職場環境がモチベーションを
高めてくれる

HOME > 

社員紹介 > 

Isshiki

PROFILE

東日本営業1部日野営業所

Isshiki

2019年入社 営業事務職

慌てず焦らず、 丁寧さと確実さを大切にしながらお客様と向き合う

 NiPで働きはじめてからは、関わった資材が「こんなところにも生かされているんだ」と、驚きの連続です。たとえば高速道路の緑の案内標識やショッピングセンターの内装、掲示物など。何気なく目にしているものに使われていると知り、嬉しくなることがあります。
 営業事務の仕事はお客様からのご要望を受けて資材を探し、見積もりを作成するといった内容が中心。お客様に満足していただくためにはどんなアイテムがいいか検討し、自分なりに提案する面白さがあります。
 提案にあたっては、過去の取り引きからお客様の好みを割りだし、営業の皆さんと相談しながらニーズを先読みするようなやり甲斐もあります。

 不安を感じるのは、お客様との電話越しのやり取りで求められる資材についてきちんと答えられないとき。でも、そんなときこそ慌てないこと、焦らないことを心掛けています。
 「時間がかかったとしても丁寧に確実に対応した方が、結果的にお客様のためになる」「1人で抱え込もうとせず、まわりを頼ればいい」と日頃から声を掛けてくれる営業所の皆さんの言葉を思い出し、気持ちを落ち着かせて目の前の問題に向き合うようにしています。
 営業所にはたくさんのカタログが棚に並んでいて、返事を待つお客様のためにその中から資材を選びます。ページをめくるたびいろいろな資材にどんどん興味がわいてきて、時間を忘れて夢中になってしまうこともあります。

気配り上手な社員に囲まれて仕事の意欲は日々向上

 営業所では、ちょっとした雑用であっても年齢や役職に関係なく手の空いている人が率先して動き、会議の場では「業務は順調?」「手伝えることはない?」と、キャリアを重ねた社員ほど若手を気にかけてくれます。
 そのおかげでわからないことがあればすぐ誰かに聞けますし、業務が詰まっていれば電話対応などを遠慮なくお願いできます。
 営業の皆さんは、外回りから帰社する際にお土産を買ってきてみんなを喜ばせてくれます。
 こんな風に、職場の雰囲気づくりを何より大切にする気配り上手な人たちに囲まれているので、自然と仕事が楽しくなり、ポジティブな気持ちで毎日を過ごすことができています。
 これからの目標は、あまり取り扱ったことのない分野のものでもしっかり受け答えできるように、資材に対する知識を今以上に増やしていくことです。そのために、メーカーの方々が開く勉強会にも可能な限り参加していきたいと考えています。
 後輩のお手本となることも目標の一つ。自分がそうしてもらったように、後輩たちにも働きやすい環境を提供できるようがんばります。
 営業所にはすでに後輩がいて、少しでもサポートしたいと意識しながら接しているのですが、思いもよらない発想にハッと気づかされるような場合もあります。先輩としての自覚は持ちながらも、謙虚な姿勢を失わず共に成長していけたらと思います。

入社の決め手は、働くイメージがわいたこと

就職活動をしていた頃は、「事務職」という仕事に対して「お客様と直接的に話をすることはそうないだろうな」と思っていました。
 ですが、NiPの営業事務は自分からお客様に提案でき、お客様と会社に直接貢献できるというNiPの特徴に私はやりがいを感じ、興味を惹かれる一つのきっかけになったと思います。

 商社でありメーカーでもあるという点も個性的に感じました。
 オリジナルブランドがあれば他社との差別化を図ることができ、スピーディーな対応も可能。会社説明会でこのような話を詳しく聞くうちに、不思議と働くイメージがわいてきて、その感覚が入社の決め手になったような気がします。
 世の中に広く貢献できる会社ですし、まちづくりや空間づくりに関心のある方なら、きっと楽しく働けるのではないでしょうか。のびのびとした風通しの良い職場環境と、助け合いの気持ちにあふれた先輩社員のサポートにぜひ期待してください。

PEOPLE

社員紹介

新卒エントリー

コーポレートサイト

NiP会社案内