膨大な資材を取り扱う
組織としての強みを生かして
お客様の信頼を勝ち取りたい

HOME > 

社員紹介 > 

Ikeda

PROFILE

東日本営業1部氷川台営業所

Ikeda

2015年入社 営業職

各地に車を走らせながら、 迅速なレスポンスでお客様の期待に応える

 屋内のディスプレイと、屋外で掲示される各種看板をはじめとしたサイン関係の営業に従事しています。
 入社してからは、就職活動をしていた頃に抱いていたイメージよりはるかに多くの分野でNiPの仕事が生かされていることを知り、日々新しい発見があります。
 研修を終え現場で働くようになって最初の頃は、電話が鳴るたび「うまく対応できるだろうか」と不安になっていました。
 しかしそう年の変わらない先輩の方々の姿を見て真似するような気持ちで業務に取り組むうち不安はいつの間にか薄れ、半年が経った頃には「自分だけでもなんとかなる」と思えるようになりました。そして1年が経った頃には、自信を持って対応できるようになっていたと思います。

 経験の積み重ねが自分の成長にどれほどの影響を与えるか。そのことを実感することができました。先輩方のサポートがあったことはもちろん言うまでもありません。
 現在は100社ほどのお客様を担当し、地域的には東京だけではなく車を走らせて関東の他県に出向くこともあります。
 営業として常に意識していることは、とにかく迅速なレスポンス。お客様からの問い合わせに対してすぐに反応し、進捗が変わるたび詳細に伝えることを心掛けています。
 その甲斐あって多くのお客様と打ち解けることができ、設備の切り替えや消耗材の仕入れ先の検討など、何かあるたびにご相談を受けるケースが増えてきました。信頼関係の強化につながっていると、手ごたえを感じています。

苦労が喜びに変わるお客様からの一言とは?

 お客様とのつながりが新しい展開を生み出すことは、一営業としての醍醐味です。
 とあるお客様の担当者の方が独立することになり、その際お声掛けをいただいて、独立にあたって必要な設備一式を任せていただくといった事例が過去にありました。
 成績につながるという自分自身の達成感だけではなく、組織に存在感を示せるといった満足感だけでもなく、何よりお客様が「私を頼りにしてくださる」ということにものすごい充実感がありました。当時の感謝と喜びは今も忘れられません。
 お客様が求める業務用プリンターやそれに付随する消耗材も含めてご用意し、「これからも頼むよ」と言っていただけたとき、お客様からのご期待に応えるための様々な苦労がすべて報われたような、清々しい気持ちになりました。
 これからも、お客様の「かゆい所に手が届く」「ニーズを先取りして提案できる」ような営業を目指していきたいと強く意気込んでいます。そのために、NiPでバックアップ体制が整っているビジネス・キャリア検定をはじめとした各種の資格取得にも励んでまいります。

知識より大切なことは「知りたい」と思う気持ちそのもの

 NiPの強みは、メーカーの方々からの仕入れと自社のオリジナルブランドを含めた多種多様なラインナップを揃えていること。私が主に携わる「看板」という分野だけでも、まちで見かけるようなものから展示会に使われるものまで、その範囲は実に広範囲に及びます。
 オリジナルブランドは営業所にストックすることもできるので、お客様から問い合わせがあればすぐにサンプルをお届けできるといった点も、信頼につながっているでしょう。
 資材に関してはあまりに数が多すぎて私自身、把握しきれていません(笑)。ただ、知らないことは大した問題ではなく、「どんな資材か知りたい」と思う気持ちこそが大切だと、いつも肝に銘じています。
 調べるうちに意外な用途のアイデアが浮かんだり、新しい提案の可能性を感じる市場が思い浮かんだりといったケースもあります。
 やがて蓄積されたアイデアがお客様との会話によって一気に進展し実現されるとなれば、これ以上、営業冥利に尽きることはありません。自らの手でお客様と社会に貢献できる喜びを、ぜひ一緒に体感しましょう。

PEOPLE

社員紹介

新卒エントリー

コーポレートサイト

NiP会社案内